婚活初心者必見!婚活で結婚するまでの流れを解説

  • URLをコピーしました!
まい

こんにちは!
婚活応援ブロガーのまい(⇨プロフィール)です^^

「婚活での結婚する場合の流れは、どんなかんじになるの?」

いざ婚活で結婚をするとなったとき、一般的な恋愛結婚との違いが気になりますよね。

いきなり結論を言ってしまえば、恋愛結婚との違いは、一番最初の出会いの部分だけです。

ただ、一言で結婚といっても、もちろん出会うだけでは終わるはずもなく、実際に結婚するまでには、多くの場合7つのステップを踏むことになります。

この記事では、これから婚活を始めようと思っている方や、結婚までの道筋の全体像がわからない方に向けて、婚活で結婚する場合の流れがどうなるのかを解説していきます。

そもそも、全体の流れを把握しておく理由は?

それはずばり、婚活疲れを防止するためです。

なんとなく婚活を始めてしまうと、なかなかお付き合いに発展しなかったり、思ったより婚活が長引いてしまい、途中で疲れて活動できなくなってしまうことがよくあります。

まい

婚活疲れは、実際に婚活している人たちの中でも特に多いお悩みなんだ…

最初に結婚までの流れの全体像を把握しておけば、あなたは「どのステップにどのくらい時間をかけて、いつまでに結婚しよう!」と目標を立てられますし、人生設計もしやすくなりますよ!

それでは、さっそく全体の流れを解説していきましょう。

婚活で結婚する場合の流れの全体像

婚活で結婚する場合の一般的な流れは、以下のとおりです。

  • お見合いデート
  • お付き合い
  • 婚約
  • 両親に結婚挨拶
  • 結納または顔合わせ食事会
  • 入籍
  • 結婚式(ない場合も)

お見合いデートで結婚相手と出会ってからの、その後の長さがかなりあることを、感じていただけましたか?

婚活の目的は結婚ですし、さらに言えばあなた自身が幸せに生活できる家庭を作るための活動です。

でも実際には、婚活と言いつつも、なんとなく相手を見つけることを目的に活動をしている人が多いし、実際、私もそうでした。

でもそれは恋人を探のが目的の、恋活寄りの考え方なんですね。

ですので、これから婚活を始めるあなたは、「出会ってからもなかなか長い活動だ」ということをわかったうえで、婚活を始めるようにしましょう。

ではでは、前置きはここまでにして、ここからは、7つのステップをそれぞれ詳しく解説していきます!

①:お見合いデート

婚活では、婚活サービスを通じて出会った方と、まずお見合い(面接と呼ばれたりもする)デートをします。

お見合いデートでは、一緒にお茶をしたり、食事をしながらお話をする場合が多いです。

まい

何をするにせよ、ゆっくり落ち着いてお話ができる場所で会うのがいちばん大事!

このお見合いデートのステップでは、数回デートをしてみて、お相手が自分に会う人なのかどうか確認していきましょう。

あと、この段階でのお相手との関係は、まだお付き合いをしている間柄ではなく、知り合いや異性の友達というイメージです。

ですので、自分もお相手も、何人か並行してお見合いデートをするのが普通です。

ときどき「浮気しているみたいでイヤ!」という方がいるのですが、知り合いや友達と会っているだけなのですから、もちろん絶対に浮気ではありません。

自分に会う人かどうかチェックしている段階ですので、恋愛の感覚が抜けないあなたも、婚活ではこういうものだと割り切りましょう。

ちなみに、婚活アプリなどのデータマッチング系のサービスを利用する場合、先にお相手を自分で探して自分でアポを取ることも必要です。

このアポ取りでは、魅力的なプロフィールを作ることが重要となります。

魅力的なプロフィールの作り方については、また別記事で詳しく解説しようと思います。

②:お付き合い

お見合いデートで何回か会ってみた結果、1人に絞ることができて、かつお互いに結婚相手として検討できそうなら、次のステップであるお付き合いに進みます!

まい

これであなたにも、めでたく結婚前提のパートナーができた!

このステップでは、さらにデートを重ねつつ、本当に無理なく一緒に過ごせる相手なのかどうかや、自分とお相手が同じ「理想の家庭像」を持てるかどうかなど、相手との結婚生活をイメージしつつ最終確認をしていきましょう。

③:婚約

お互いに心が決まったら、次は結婚の約束=婚約を交わします。

プロポーズをするならこのタイミングになりますが、あなたかお相手のどちらかからプロポーズをするのではなく、お互いに「結婚しようか」となることも多いので、ない場合も全然ありえます。

まい

絶対にプロポーズしてほしい!夢だったんだ!というあなたは、あらかじめパートナーに自分は絶対プロポーズされたい旨と、理想のプロポーズ内容を伝えておけば、叶えてくれると思うよ!
察してくれ〜とオーラを出しても、残念ですが絶対に伝わらないのであしからず

このステップで、入籍日や結婚式の目安を目標としてだいたい決めておき、この後紹介する「両親に結婚挨拶」や「結納または顔合わせ食事会」のステップは、目安から逆算して設定するのがスムーズです。

④:両親に結婚挨拶

お付き合いのステップで、先にパートナーの紹介を済ませている場合もあると思いますが、結婚を決めたら、両親に報告をした上で、お互いの実家へ訪問し、両親に結婚挨拶をしましょう。

両親の都合の良い日程を確認し、2週間程度の余裕を持って日程を組みます。

また、ご挨拶の順番は「もらわれる」立場から先に挨拶に行くので、女性側から男性側という順番が一般的です。

ご挨拶の際、「結婚後の住まい」「将来の人生設計」「結婚式は挙げるのか」「相手の仕事」などにについて聞かれることが多いので、事前に2人で話し合っておくとよいでしょう。

ただし、2人だけで入籍の日取りや、結婚式場などを勝手に決めてしまうのはマナー違反と感じる親御さんもいらっしゃいます。お互いの両親への報告と挨拶が終わってから、今後の話を進めるようにしましょう。

⑤:結納または顔合わせ食事会

両親への結婚挨拶を済ませたら、次は両家の親同士が顔を合わせる番です。

これをもって、2人の婚約が正式にととのうことになります。

両家の親同士の顔合わせとして代表的なものは結納顔合わせ食事会(婚約食事会)です。

  • 結納…金品の受け渡しを行う伝統的な婚約の儀式
  • 顔合わせ食事会…会食の前に結納をせず、食事会だけをする

どちらで顔合わせをするのかは、それぞれのご実家の方針や考えにもよります。

それぞれの内容を把握した上で、どちらのスタイルで行うのかを決めましょう。

まい

ちなみに私と夫の場合、コロナ禍で直接会うのが困難だったので、オンラインで簡易的な顔合わせをしたよ。
落ち着いてから改めて行う予定ではあるけど、お互いのご両親からお許しが出るようなら全然アリ!

⑥:入籍

ついに入籍です!ご結婚おめでとうございます!!

このステップを踏むことでで、あなたとパートナーは正式に夫婦となります。

なお、入籍と結婚式の順番ですが、最近では7〜8割のカップルが入籍を先に済ませるようです。

特に決まりはないのですが、結婚式より先に入籍を行うと、色々な手続きや結婚式の準備などをスムーズに行うことができるため、そういう理由で入籍を先に済ませる派が多いです。

⑦:結婚式(ない場合も)

幸せいっぱい、やることもいっぱいの結婚式。

結婚式の規模にもよりますか、準備期間はだいたい3ヶ月〜12ヶ月くらいかかります。

計画的に、2人で協力して楽しく準備を進めましょう!

あと、最近では、結婚式を挙げないカップルや、晴れ着を着た写真のみを残すフォトウェディングを選ぶカップルも多いです。

このステップに関しては、お2人やご両親のご意向次第です。

まい

私と夫も、写真だけとることにしたよ!

婚活は計画的に!

以上が、結婚までの7つのステップの解説でした!

あなたが思っている以上に、やることが多かったのではないでしょうか。

最近は、手軽に婚活が始められるサービスがたくさん登場しているので、誰でも婚活が始めやすい世の中になりました。

しかし、便利さもある一方、気軽な気持ちで何も計画をせずに始めてしまうと、思ったより時間がかかってしまい、婚活疲れなどの挫折につながりやすいです。

挫折を防ぐためにオススメの方法は、婚活を始める前に、自分がどんなスケジュールで婚活を進めるのか、いつまでに結婚したいのかなどを考えてておくことです。

この記事で紹介をしたそれぞれのステップの達成期限を決め、その目標に向かって活動を始めるようにしましょう!

あなたが、幸せな結婚を叶えられますように!

▼この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチッと押してくれると嬉しいです♡

 

 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする