結婚を考えていた彼氏・彼女と別れた…婚活を始めるあなたへ4つのアドバイス

  • URLをコピーしました!
まい

こんにちは!
婚活応援ブロガーのまい(⇨プロフィール)です^^

「結婚するつもりだった彼氏・彼女と別れてしまった…この先どうすればいいんだろう」

「年齢のこともあるし、婚活を始めた方がいいのかなぁ」

長く付き合ってきた恋人と別れたり、婚約していたものの上手くいかずに破局したり…。

将来のことを考えていた相手と別れた時には、本当に不安な気持ちになりますよね。

私自身、婚約破棄をした経験がありますが、その時はとてもショックでしたし、将来設計が狂ってしまい本当に大変な思いをしました。

そこから立て直して婚活を再開させたのですが、その際には再び失敗することを避けるため、いくつか意識したポイントがありました。

この記事では、私が婚活を再開させた時に意識したポイントを、これから婚活を始めるあなたへのアドバイスとして4つ紹介したいと思います!

①:破局に至った理由を分析して、次は絶対に選ばないようにする

別れてしまった原因について深く考え、分析をすることは、婚活を成功させる上で非常に重要です。

関係が上手くいかないのには何かワケがあるものですが、案外、あまり深く考えずに次に行ってしまう方が多いのです。

その理由は、別れに至ったという嫌な出来事を思い出したり、相手だけでなく自分の非を認めたりすることが必要になるため、少なからず痛みを伴う作業になるからですね。

それでも私は、まずはしっかりと別れた原因について深く考え、分析をすることをオススメします。

なぜなら、過去に向き合わずになんとなく相手を探し始めると、再び同じパターンで破局する可能性が高いからです。

まい

二度あることは三度あるとはよく言ったもので、無意識に選んでいるあなた好みの相手が、実は全く合わなかったり、あなたが本当に重視しているポイントとズレていたりすることが多いんだ。

ですから、あなたにとって辛い経験とは思いますが、「上手くいかなかった経験」を次に生かすためにも、ぜひしっかりと別れた原因を分析してみてください。

考え方を変えれば、これから婚活をするにあたっては、あなたの「上手くいかなかった経験」は非常に役に立つものになりますよ!

なお、原因を分析する際の手順ですが、以下に沿ってやってみてください。

原因を分析するための手順
  • 嫌だったことを思いつくかぎり紙などに書き出す
  • それぞれ、なぜ嫌だったのかを考えて、それも書き出す
  • 次から、嫌な思いをしないために相手に求めること、自分ができることを考える

この手順に沿って分析を進めることで、あなたの嫌だったことが相手原因なのか自分原因なのか、はたまた両方なのかが分かるようになります。

相手原因のところは、これからは同じような人を避けるようにすれば良いですし、「これは自分が悪かったな」と思ったなら、これから改善していけば良いですよね。

このように、破局に至った原因を分析し、次は絶対に選ばないようにすることで、あなたが幸せな結婚をできる可能性は非常に高くなるのです!

まい

これをすることで、別れたもやもやや悲しさを乗り越えるためにも役立つよ!

同じ人を選ぶなら、自分の人格を変えないと上手くいかないけど、そんな無理したらあなたの方が無理が生じて破綻することになるので、あくまで無理せず、自然体でいられる人を選ぶようにできるといいですね

②:自分が望む結婚生活について考える

結婚はゴールではなく、新しい生活のスタートです。

ですので、結婚後に自分がどうありたいのかを考えて、そのありたい自分にマッチする相手を選ぶことが、幸せな結婚をするために必要となります。

特に女性は、結婚してからライフプランを考える方も多いのですが、仕事や子供の希望などの生活に直結する重要な事ほど、あらかじめ自分の希望をはっきりさせておき、その希望に添える相手を選んだ方が良いでしょう。

まい

ちなみに私も、結婚後の仕事について完全ノープランで婚活を進めた結果、婚約破棄をする大きな原因のひとつになったという…笑

こちらのシリーズでも紹介したとおり、私の元婚約者は相手に専業主婦であることを望み、自分では一切家事(特に料理)をしたくなく、その上妻への家事への要求が強いタイプでした。

そして私の方はというと「仕事は続けても辞めてもいい、相手の忙しさ次第で決めよう」と相手の状況に完全に委ねており、一切何も考えていなかったため、相手の専業主婦になってほしいという希望をはじめは受け入れました。

しかし、本当は単に当時やっていた仕事があまり好きでなかったというだけで、意思が強く、束縛やコントロールされるのが大嫌いでした。

本心ではある程度自由でいるためにも働いていたいと思っており、家事に関しては「多少サボってもOK、ほこりじゃ死なないでしょ」というちょっぴりガサツなタイプだったのです。。。

まい

明らかに専業主婦に向いていないよね。笑

私の場合、この自分のタイプを見誤っていたということが、元婚約者との暮らしの上で大きなヒズミとなり、別れの原因のひとつとなりました。

この経験から、私は「自由でいるために、結婚後も仕事を続けよう。あと、家事は手抜きしたいし、たまには人の作った料理が食べたい。」という結婚生活への希望を自覚し、それを追求したことで、良い結果を得ることができたのだと思います。

③:お相手のイメージを固める

自分が理想とする結婚生活のイメージが固まったら、次はその理想の結婚生活にマッチした相手をイメージしてみましょう。

この時にも、はじめに別れた原因を考えたときと同じように、紙などに希望することとその理由をどんどん書いていくのがオススメです。

結婚生活のイメージをしっかり固めておくと、好みの相手の特徴が「優しい人」や「面白い人」など、ぼんやりしたイメージしか思い浮かばなかったあなたも、かなり具体的な特徴を書くことができるようになっているはずですよ。

具体的な特徴が書けるようになると、デートをする時に相手に質問がしやすくなりますし、自分と合いそうなのか、合わなそうなのかが瞬時にわかるようになり、婚活を効率良く進められるようになります。

これを私は「理想のお相手リスト」と呼んでいます。

「理想のお相手リスト」については、こちらの記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

④:出会いを増やしてデートする 

あなたの理想の結婚生活のためのお相手のイメージを固めることができたら、次にすることは新たな出会いを増やすことです。

まい

ここからが、世間一般的にいう婚活のスタート!

特に、現在の生活環境に出会いが少ないのであれば、ありとあらゆる手段を用いて出会いを増やしていきましょう。

具体的には、マッチングアプリの活用や、街コン婚活パーティーへの参加、結婚相談所へ入会すると、同じように結婚相手を探している異性と出会える可能性が高く、効率が良いです。

他にも、友人に婚活中であることをアピールして紹介してもらったり、行きつけの飲食店を作るなどひとりで出かける機会を増やすのも有効と思います。

なお、「できれば婚活サービスは使わずに自然に出会いたい」と考えている方もいらっしゃると思います。

こちらの記事では、自然に出会いたい派の方に読んでいただきたいエピソードを紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

変化を受け入れて行動しよう!

恋人と別れて、これから婚活を始める方へ向けた4つアドバイスは以上となります。

今回紹介した手順に沿って婚活を進めていただき、あなたも次こそは幸せな結婚を掴み取ってくださいね!

それと、実は今回紹介した内容は、20代後半で婚約者と別れてしまった私の元職場の同僚:Mさんに伝えた内容を共有したかたちです。

彼女も私のアドバイスを聞き、次の出会いに向けて婚活を頑張りたいと話していました。

しかし、残念ながら、その後はまだ出会いには繋がっていない様子です。

その理由は実に単純で、「色々と理由を作っては一切新しい出会いを作らないから」です!

まい

出会いを作らなければ出会えないのは当然なんだけど、こういう人って意外に多いんだよね…

結婚に限ったことではないですが、人間は安定を好む生き物です。

私も経験がありますが、今がなんとなく居心地がいいと、頑張ってまでその環境を変えようとはなかなかしないものなんですよね。

実際にMさんも、彼氏と別れて同棲を解消し、実家に戻ってきた結果、実家の居心地があまりに良く、行動する気力が無くなってしまったようでした。

でも、ちょっと考えてほしいのですが、その今の快適な環境にずっといて、あなたは大丈夫なのでしょうか?

10年先、20年先、その先もずっと、あなたはその環境にいたままで幸せでいられますか?

もし違うというのであれば、今すぐに行動を起こしましょう!

いちばん良くないのは、結婚したいと考えているのに何も行動しないことです。

過ぎてしまった時間は、どうやっても取り戻すことができません。

婚活するのなら、いちばん若い状態の今のあなたが、最もうまくいく可能性が高いですし、かけられる時間も体力も残っています。

今回紹介した4つのアドバイスとあわせて、変化を受け入れ、確実に行動に移すよう心がけてくださいね。

あなたが、幸せな結婚を叶えられますように!

▼この記事が「ためになった!」と思ったら、ポチッと押してくれると嬉しいです♡

 

 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする